ダイプラストウッドの安全性と耐久性について

 

ここでは、ダイプラストウッドの耐久テストの定期実施内容と安全性を証明する製品安全データシート(MSDS)について、ご紹介させて頂きます。常に安定した製品を製造していることを証明するために、ご要望頂きましたお取引先様に提出させて頂いております。

 

 

安全性と保証内容について

 ■耐久テスト・製品安全データシートについて

 ■原料入手先を選定し安心確実な原料のみ使用

 

 

アフターフォローについて

 ■製品の金型は全て屋内保管でお預かり致します

 ■使用済み製品の引き取り・再利用について

 

 

【製作ポリシー】

 ■顧客満足度100%を目指しています

 

 

 

 

 

耐久テスト・製品安全シートについて

耐久テストの定期実施について

曲げ試験・圧縮試験・耐薬品性試験・耐熱温度試験・燃焼ガス分析試験・衝撃試験等、使用用途に合わせて試験を実施することが可能です。公的機関を使用し約18年、現在も毎月提出しているお客様もいらっしゃいます。1度や2度、質の良い製品を製造するのでは無く、18年間、毎月強度・耐久性に優れた製品を製造し続ける事は、リサイクルメーカーとして、大変難しいことです。しかし、それを可能にし現在も数多くのお客様が『ダイプラストウッド』を使用して下さるのは、常に安定した製品を製造し続けている事が一つの理由になります。

 

  • taikyu_photo01

    圧縮耐荷重検査

  • taikyu_photo02

    実製品髷強度検査

 

 

製品安全データシート(MSDS)について

製品安全データシートとは、危険性の有無・取り扱い時の注意事項等を明記したものになります。ただ、記載内容は現時点で入手できる資料、情報、データに基づいて作成しておりますが、いかなる保証をなすものでは無く、安全の保証書とはなりません。また、注意事項は通常の取り扱いを対象にしたものなので、特殊な取り扱いの場合には、用途・用法に適した安全対策を実施の上、ご利用下さい。

※ご要望頂ければ、製品安全データシートの提出が可能です。

taikyu_photo03

製品安全データ(MSDS) 表紙

 

 

 

 

原料入手先を選定し安心確実な原料のみ使用

原料は、電線の被覆材をメインとし、軟質ポリエチレンを主に使用しております。また、ブレンドする原料は入手先を選定し物性の分かる原料のみを使用しております。その為、ムラの無い常に安定した製品を製造し続ける事が可能になります。

taikyu_photo04

 

 

 

 

製品の金型は全て屋内保管でお預かり致します

弊社は、新しい製品を作成する際、新規に金型の作成から行うことができます。初回のみ金型作成費用が発生致しますが、次回からは製品単価のみでのご注文が可能になります。ここでは、金型の保管について簡単にご説明致します。

①金型保管・・・要請があり次第預り書を提出致します

②保証期間・・・金型制作後2年間・プラスチック製品製作数3000個(但し、特殊金型の場合は、別途定める)

③立ち入り調査・・・必要に応じ事前連絡の上、金型の保存状態を確認できます

 

以上、金型預りの必要事項になります。

 

 

 

使用済み製品の引き取り・再利用について

使用済み製品については、費用お見積りにて、お引き受け致します。但し、油汚れのひどいもの・パイプ入り・ボルト釘止め製品等に関しましては、別途費用のお見積りをさせて頂きます。

 

※引き取り可能製品はダイプラストウッドに限らせて頂きます。

 

 

 

顧客満足度100%を目指しています

弊社は、再生プラスチックの製造に当たり、「たかが廃プラ」という概念を覆す製品の製造を行なって参りました。正直申しまして、リサイクル製品でそういった事を成し遂げるのは、容易ではありません。

ノークレームを目指す弊社の製造部は以下の内容を実行しております。

① 常に安定した製品を作り上げる為、1日3本しか製造できない製品を無理して4本製造するような事は致しません。

② 出どころの分からない原料は使用致しません。

③ ヒケやソリの出た製品は販売致しません。

④ 1度設定した納期は守ります。(特別な事情がある場合を除く)