製造設備紹介

製造設備 として、原料ブレンドライン・原料粉砕機・注入製造ライン5台・プレスライン2台・加工場・塗装場・金型保管場・製品在庫保管場・出荷等全て1ヶ所の工場内で行なっております。その為、一連の作業がスムーズに行われ、納品迄の進捗状況が直ぐに把握出来ます。

 

 

 

第一パイプ工業 本社工場

 

 

 

 

製造部 各製造機

『ダイプラストウッド』製造に当たって様々な機械を使用しております。ここでは、それらに関わる設備についてご紹介させて頂きます。

 

p-1

注入機

ブレンドした原料を、 しっかり隅々まで金型へ 注入出来るように開発した弊社独自の注入機になります。メインとなるラインは複数ラインありますが、注入機によって特性に違いがあり、製品用途サイズ等により使い分けて製造しております。

p-2

プレス機

200t・300t用のプレス機で製造を行なっております。プレス機では、強度・耐久性という『ダイプラストウッド』の特性を生かしつつ、注入成形では製造不可な軽量・小型製品の製造を可能に致しました。

p-3

連続押し出し機

主に緩衝ベルトの製造の際、使用している機械になります。こちらの機械も弊社独自ノウハウにより、厚みは6mm〜12mmまで、長さもご希望に合わせて製造可能です。